カテゴリー別アーカイブ: 熟女出会い

22歳男子大学生の熟女との出会い

僕は熟女が好きだ。正確に言うならば、20の女なんて子供にしか見えない。まったく恋愛対象にならないのだ。
興味があるのは40歳以上の女性。もっと正直にいえば、50歳くらいが望ましい。
このことを同級生の男友達にいうと、苦笑か爆笑、そのどちらかだ。女友達にいえば、心優しい人ならば僕を理解しようと努める。
たとえば、子供の頃にお母さんが離婚か死別でいなくなってしまったの? とか、まあとにかく何か心に空白があってそれを埋めるために若い女よりもおばさんを選ぶ。じゃないと説明がつかない。そういう奢りが彼女たちにはある。
でも、そういうのじゃないんだ。ただ、単に熟女が好き。
形の崩れた乳房に、出産を終えて妊娠線ができたお腹や、振袖のような二の腕。笑うとシワができて、すっぴんになれば年齢を重ねたことを証明するかのようにシミがある。
声だって低くなるし、更年期なのか感情も不安定でまるで子供のように怒ったり泣いたりする。そうかと思えば、乙女のように恥じらったりして。
これは僕の彼女の話だけど。ノロケ話になってしまった。
彼女のことがたまらなく好きだ。僕より20も年上だけど。さらに人妻で、遊ばれているだけなのはよくわかっているのだが。
昔は美人だったであろうオーラと自信と今にも消えそうな儚い美貌を備えている。
熟女ってまるで、花火みたいなんだよ。終わる直前が一番綺麗なもののように。僕はその良さに、周りよりも少し早く気付いただけだ。